Skip to content

8. MPIの利用

ABCIシステムでは、以下のMPIを利用できます。

利用するためには事前にmoduleコマンドを用いて利用環境を設定する必要があります。 インタラクティブノードでmoduleコマンドを用いると、コンパイル用環境変数(ヘッダファイルおよびライブラリのサーチパス)が自動で設定されます。 計算ノードでmoduleコマンドを用いると、コンパイル用環境変数に加え、実行用環境変数も自動で設定されます。

[username@es1 ~]$ module load openmpi/2.1.6
[username@es1 ~]$ module load mvapich/mvapich2-gdr/2.3
[username@es1 ~]$ module load mvapich/mvapich2/2.3
[username@es1 ~]$ module load intel-mpi/2018.2.199

以下では、ABCIシステムに導入されているMPIのバージョン一覧を示します。

Open MPI

openmpi/ Compiler version w/o CUDA CUDA 8.0 *1 CUDA 9.0 *1 CUDA 9.1 *1 CUDA 9.2 *1 CUDA 10.0 *1 CUDA 10.1 *1
1.10.7 GCC 4.8.5 Yes Yes Yes Yes Yes Yes -
2.1.3 GCC 4.8.5 Yes Yes Yes Yes Yes - -
2.1.5 GCC 4.8.5 Yes Yes Yes Yes Yes Yes -
2.1.5 PGI 18.5 Yes Yes Yes Yes Yes - -
2.1.6 GCC 4.8.5 Yes Yes Yes Yes Yes Yes -
2.1.6 PGI 18.5 Yes Yes Yes Yes Yes - -
3.0.3 GCC 4.8.5 Yes - - - - - -
3.1.0 GCC 4.8.5 Yes - - - - - -
3.1.2 GCC 4.8.5 Yes - - - - - -
3.1.3 GCC 4.8.5 Yes - - - - - -
3.1.3 PGI 18.5 Yes Yes Yes Yes Yes - -

*1 CUDA-aware versions

MVAPICH2

mvapich/mvapich2/ Compiler version w/o CUDA CUDA 8.0 *1 CUDA 9.0 *1 CUDA 9.1 *1 CUDA 9.2 *1 CUDA 10.0 *1 CUDA 10.1 *1
2.3rc2 GCC 4.8.5 Yes Yes Yes Yes Yes - -
2.3 GCC 4.8.5 Yes Yes Yes Yes Yes Yes -
2.3.2 GCC 4.8.5 Yes - - - - - -

*1 CUDA-aware versions

MVAPICH2-GDR

mvapich/mvapich2-gdr/ Compiler version CUDA 8.0 CUDA 9.0 CUDA 9.1 CUDA 9.2 CUDA 10.0 CUDA 10.1
2.3rc1 GCC 4.8.5 - Yes Yes Yes - -
2.3 GCC 4.8.5 - Yes Yes Yes - -
2.3 PGI 17.10 - Yes Yes Yes - -
2.3a GCC 4.8.5 Yes Yes Yes Yes - -
2.3.1 GCC 4.8.5 - - - Yes Yes -
2.3.1 PGI 18.10 - - - Yes Yes -
2.3.2 GCC 4.8.5 - - - Yes Yes -

Intel MPI

intel-mpi/
2018.2.199 Yes