Skip to content

ABCIクラウドストレージ

ABCIでは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) 互換インターフェースを備えたオブジェクトストレージサービスを提供しています。以降、このサービスをABCIクラウドストレージと呼びます。

ABCIクラウドストレージには、ABCIで提供する他のストレージサービスにない次の特徴があります。

  • Amazon S3 互換インタフェースを提供:

    ABCI利用者は、Amazon S3と互換性のあるインタフェースを用いて、本ストレージ内で一意であるバケットの下にオブジェクトとしてデータを格納します。AWS Command Line Interface(AWS CLI)や s3cmd のような S3 互換クライアントを使用できます。boto を使ってクライアントツールを作ることもできます(ただし、一部サポートされていないAPIがあります)。AWS CLI の使用例は後述します。

  • 計算ノード、ABCI外部の両方からアクセス可能:

    計算ノードやインタラクティブノードからのみならず、ABCI外部から直接アクセスできます。これにより、ジョブで使用するデータを外部からABCIに転送する手段として使えます。

  • 暗号化機能を提供:

    クライアントとABCIクラウドストレージとの間のデータ転送を暗号化できます。また、ABCIクラウドストレージ内で暗号化してデータを保存しておくこともできます。

利用を開始するには、各ABCIグループの利用管理者からの申請が必要です。ABCI利用ポータルから申請を行ってください。利用管理者でない場合は、所属グループの利用管理者にお問い合わせください。ABCI利用ポータルの操作方法に関しては、こちらをご参照ください。

ABCIクラウドストレージでは、使用量(データ占有量)に応じて課金されます。消費されるポイントについては料金表をご確認ください。なお、転送量やAPIの呼び出し回数による課金はありません。

Note

現在はお試し利用期間のため、利用料金はかかりません。

ページ名 概要
アカウントとアクセスキー ABCIクラウドストレージで用いるアカウントと認証用のアクセスキーについて説明しています。
使い方 アップロードやダウンロードなどの基本操作について説明しています。
データの暗号化 暗号化の機能について説明しています。
アクセス制御(1) ACLによるアクセス制御の方法を説明しています。グループ間でのデータ共有の設定などが可能です。
アクセス制御(2) アカウント毎にアクセス制御を行う方法を説明しています。ACLでは実現できないアクセス制御も可能ですが、本制御は管理者用クラウドストレージアカウントでのみ実行可能です。