Skip to content

PuTTYの利用

ここでは、Windowsで利用可能なSSHクライアントである、PuTTYを用いたインタラクティブノードへのログイン手順を示します。OpenSSHクライアントなどコマンドラインベースのSSHクライアントを利用したログイン手順は、インタラクティブノードへの接続を参照してください。

インタラクティブノードへのログインは、以下の手順で実施します。

  1. PuTTYを起動し、SSHトンネル情報を設定
  2. アクセスサーバ(as.abci.ai)にログインして、SSHトンネルを作成
  3. 別のPuTTY画面を起動して、SSHトンネルを用いてインタラクティブノードにログイン

Note

事前にABCI利用ポータルにてSSH公開鍵の登録が必要です。

SSHトンネル情報の設定

  • PuTTY の起動

    PuTTYを起動すると以下のような画面が表示されます。

  • SSHポート転送の設定

    左のCategoryから、 Connection -> SSH -> Tunnels とメニューを開き、Tunnlesをクリックします。表示されたSSHポート転送の設定項目に、以下表の設定値を入力します。ポート番号はお使いのシステムで許容されているポート番号の中から任意の値を設定可能ですが、他の設定は固定値です。

    項目 画面と設定値
    設定画面
    ローカルのポート システムで許されている任意のポート番号 (画面例: 11022)
    リモート側ホスト es.abci.local:22 または es:22 (画面例: es.abci.local:22)
    ポート 22 (固定値)
  • [Add]ボタンをクリックして設定を追加します。

アクセスサーバへの接続

ここでは、アクセスサーバの接続手順を説明します。

  • 認証設定(アクセスサーバ)

    左のCategoryから、 Connection -> SSH -> Authを選択します。設定は以下のとおりです。

    項目 画面と設定値
    設定画面
    秘密鍵ファイル 認証に使用する秘密鍵ファイルのパス
  • アクセスサーバへのログイン 左のCategoryからSessionを選択し、アクセスサーバへのログイン情報を入力します。

    項目 画面と設定値
    設定画面
    ホスト名 as.abci.ai

    入力が完了したら[Open]ボタンをクリックします。

    ABCIアカウントおよびパスフレーズを入力し、アクセスサーバにログインします。ログインに成功すると以下の画面が表示されます。ABCIにログイン中は、このログインセッションを維持する必要があります。

Warning

画面上で何らかのキーを入力するとSSH接続が切断されてしますので注意してください。

インタラクティブノードへの接続

ここでは、インタラクティブノードへの接続手順を説明します。

  • 認証設定(インタラクティブノード)

    新規にPuTTYを起動し、SSHの認証情報を設定します。インタラクティブノードの認証は、アクセスサーバと同じです。アクセスサーバの認証方法を参照し、SSHの認証情報を入力してください。

  • インタラクティブノードへのログイン

    左のCategoryからSessionを選択し、インタラクティブノードへのログイン情報を入力します。

    項目 画面と設定値
    設定画面
    ホスト名 localhost
    TCPポート SSHトンネル情報の設定で設定したポート番号 (画面例: 11022)

    入力が完了したら[Open]ボタンをクリックします。

    ログインに成功すると、以下のような画面が表示されます。