Skip to content

リモートデスクトップの利用

ここでは、VNC (Virtual Network Computing) を用いた、ABCIでのリモートデスクトップの利用方法について説明します。リモートデスクトップを使うことで、計算ノードでGUIの利用が可能になります。

前準備

[username@es1 ~] $ vncserver
You will require a password to access your desktops.

Password:
Verify:
Would you like to enter a view-only password (y/n)? n

New 'es1.abci.local:1 (username)' desktop is es1.abci.local:1

Creating default startup script /home/username/.vnc/xstartup
Creating default config /home/username/.vnc/config
Starting applications specified in /home/username/.vnc/xstartup
Log file is /home/username/.vnc/es4.abci.local:1.log
  • 一旦終了します。
[username@g0001 ~] vncserver -kill :1
  • 設定ファイルをいくつか修正します。

$HOME/.vnc/xstartup を以下のとおり編集します。

1
2
3
4
5
6
7
8
#!/bin/sh

unset SESSION_MANAGER
unset DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS
#exec /etc/X11/xinit/xinitrc

xrdb $HOME/.Xresources
startxfce4 &

必要に応じて $HOME/.vnc/config でスクリーンサイズを変更しておきます。

geometry=2000x1200
  • (ログインしていない場合は)ABCIにログインします。
[user@localmachine] $ ssh -J %r@as.abci.ai username@es
  • On-demand、ノード専有で1ノード確保してログインします。
[username@g0001 ~] $ qrsh -g grpname -l rt_F=1
  • vncserverを起動します。
[username@g0001 ~] vncserver

New 'g0001.abci.local:1 (username)' desktop is g0001.abci.local:1

Starting applications specified in /home/username/.vnc/xstartup
Log file is /home/username/.vnc/g0001.abci.local:1.log

[username@g0001 ~]

g0001.abci.local:1 が起動したVNCサーバのディスプレイ名です。このVNCサーバには5901というポート番号が割り当てられます。:2の場合は5902、:3の場合は5903、とディスプレイ番号に5900を加えたポートが割り当てられます。

起動手順

ここでは、よく利用されるSSHクライアントでの起動手順と、Windowsで利用されるTera TermやPuTTYでの起動手順を説明します。

SSHクライアントの利用

Linux、macOSを含むUNIX系OS、Windows 10 version 1803 (April 2018 Update)以降など、ほとんどのPCには、デフォルトでSSHクライアントがインストールされています。インストールされているかどうかを確認するには、コマンドラインからsshコマンドを実行するだけで済みます。

SSHトンネルの設定

ローカルPCのポート5901を使ってVNCサーバに接続できるようにする場合、localhost:5901g0001.abci.local:5901の間のSSHトンネルを作成する必要があります。

ProxyJumpが利用可能なOpenSSH 7.3以降がインストールされている場合は、以下のように実行することでSSHトンネルを作成できます。

[user@localmachine] $ ssh -N -L 5901:g0001.abci.local:5901 -J %r@as.abci.ai username@es

ProxyJumpが利用できない場合は、以下のように実行すれば同様にSSHトンネルを作成できます。

[user@localmachine] $ ssh -L 10022:es:22 -l username as.abci.ai
[user@localmachine] $ ssh -p 10022 -N -L 5901:g0001.abci.local:5901 -l username localhost

VNCクライアントの起動

macOSでは、FinderにVNCクライアントが統合されているため、以下のコマンドで起動できます。

[user@localmachine] $ open vnc://localhost:5901/

macOS以外のOSでは、別途VNCクライアントをインストールする必要があります。

Tera Term や PuTTYの利用

SSHトンネルの設定

Tera Term や PuTTY などでログインしている場合は、ポート転送の設定を行います。

  • Tera Term の場合

    [設定] -> [SSH転送] をクリックしSSH転送のセットアップ画面を表示します。次に、[追加]をクリックして表示される SSH転送画面で以下を設定します。

    項目 画面と設定値
    設定画面
    ローカルのポート システムで許されている任意のポート番号 (例:15901)
    リモート側ホスト 計算ノード (例:g0001)
    リモート側ポート VNCサーバのポート番号 (例:5901)
  • PuTTY の場合

    タイトルバーで右クリックし、[Change Settings...]をクリックします。表示される設定メニューのCategoryから、SSH->Tunnelsを選択し、以下を設定します。

    項目 画面と設定値
    設定画面
    ローカルのポート システムで許されている任意のポート番号 (例:15901)
    リモート側ホスト:ポート 計算ノードとVNCサーバのポート番号 (例:g0123:5901)

VNCクライアントの起動

ポート転送の設定が完了したらVNCクライアントを起動します。TigerVNC Clientの例では、以下のようにlocalhostに"::"でポート番号つなげて入力します。


終了手順

  • VNCサーバを終了し、計算ノードからexitします。
[username@g0001 ~]$ vncserver -list
TigerVNC server sessions:
X DISPLAY #     PROCESS ID
:1              5081

[username@g0001 ~] vncserver -kill :1
Killing Xvnc process ID XXXXXX
[username@g0001 ~] exit
[username@es1 ~]